スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ

ある女性が男性に言った。

「どうしてあなたには愛が無いの?」と。

男は女に返答した。

「では、あなたは好きな絵が一枚でも思い出せるかい?」

女は頷いた。

それを見て女に男は言った。

「だったら、あなたは私を笑えないよ。あなたは自分が満足したい時だけ、その絵を
ものの数分間、思い出すだけで終わるんでしょ?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ラブレター・フロム・秋田】

ときどき「生きてる実感が欲しい」人達が居る。

それは、乗り物であったり、見た事もない景色であったり、食べる事であったり。

それは世界の一部分を癖になりながら反芻する行為。

それは自分よりも魅力的な形容を実感しようとする行為。

だから、それを止められない人も居る。

人は何かに惹かれてしまう時、そこに自分自身が染まってしまおうと思うのだろう。

あなたは、魅力的だったから、人はあなたを知ろうとして、

あなたと話し続ける事はしないで、あなたの身体を味わう事であなたを思い込んでいた。

あなたの身体を見る事が、あなたを見た事だと思っていたかもしれない。

だが、少なくともこれだけは言える。全く同じ顔、全く同じ体つきでも、心が違えば、

その人から漂うものは変わるだろう。だから、彼はあなたの花びらに寄って来たのだ。

飛び去った時点であなた自身にはなれなかったのだけど。
スポンサーサイト

今年も極寒!その種が少しだけある人には気持ち悪く。

「隠れ家」

友人に投げてしまった言葉は、その人を示している言葉ではない。
それなのに、同義でないはずの言葉をその人を示す言葉かのように
言ってしまった行為は、友人という言葉が持っている範囲を貶めて、
幾つもの表情を察してくれていたあなたの絹の織り目でしかなかった。

その瞬間、私はあなたを見ていたのではなく、私が思い出す罪悪感を見ていた。
その印象は、どのように発言すれば、私が私に負い目を感じるかを露わにした。
あなたを拘り、捉える事で、どんな姿の影であれば、隠れられるかを画策して、
あなたの友情に甘えたのだ。

---------------------------------------------------------------------------

「約束をしない安心」

約束とは、希望を未来に見据えようとする肉体由来の感情が、
約束を取り付けた日の想いを救う為に維持している未知である。
約束とは、守る事を目的としているのではなく、お互いの意思の継続であろう。

海は太陽の光を迎える。
それは波を有する生命の意識が発芽してゆく事を
肯定され続けている宇宙のリズム。
プロフィール

princess aroma

Author:princess aroma
とうとうこんなトコまで来たんだね?
こちらからも君の事、見えてるよ。

嘘です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RECOMMEND
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。